退去立会代行・原状回復工事業のための集客方法とは?

公開日:2023/05/15  最終更新日:2023/04/05

退去立会・原状回復 フランチャイズ 集客方法

退去立会代行・原状回復工事業は、退去に伴う作業なので待ちの仕事といえますが、どのように仕事を受注するのでしょうか。ここでは原状回復工事業は誰が顧客になるのか、退去立会代行・原状回復工事の集客方法、独立支援やフランチャイズ加盟という選択肢も視野に入れるべき理由について解説します。

原状回復工事業は誰が顧客になる?

原状回復工事は、賃貸物件などの原状回復をするので、アパートやマンションといった不動産のオーナーや管理会社が顧客になります。不動産のオーナーが大家の場合などは自分で修繕などをしている場合もあり、その作業を委託される形になります。管理会社などであれば複数の不動産物件を管理しているので、すべてを受注できれば売上額も大きくなります。反面、同業他社との競争があるので価格競争になる可能性も高く、いいことばかりではありません。

退去立会代行・原状回復工事の集客方法

退去立会代行・原状回復工事の集客はいずれも普通のスーパーに売っている商品のようなPR方法をとっていてもうまくいかないことは明白でしょう。これらで顧客を獲得するには、上記のような不動産のオーナーや不動産を管理している管理会社と契約する必要があります。もし、これらの事業を始めて自分で営業活動するのであれば、自前で広告を打ったり、直接交渉したりする必要があります。当然、先客がいる可能性もあるので「顧客にとってどのようなメリットがあるのか」「他社とは一味違うサービス、価格」などの訴求材料が必要になるでしょう。

さらにそれをアピールするプレゼンテーション技術や業界への理解も必要になってきます。これを個人単位でするのは非常に手間であり、ある程度のつてや技術、経験がないと勝算の低い営業となるでしょう。フランチャイズ契約している場合は、本部がある程度仕事を融通してくれたり、集客ツールを使用できたりと利便性が向上します。本部へのロイヤリティーの支払いというデメリットもありますが、手堅い方法ともいえるでしょう。

独立支援やフランチャイズ加盟という選択肢も

原状回復工事は賃貸などにおいて退去者が出た場合、次の入居者のために居室を居住可能な状態にする工事です。つまり、仕事を発注する方は「新しい入居者に満足してもらい、その対価を払ってもらう」という目的を達成するために工事を発注します。裏を返せばしっかりした工事ができる業者でなければ困るうえ、知識や経験が充分で、施工技術はもちろん、格や工期で融通が利く業者がいいなどということが条件になってきます。つまり、顧客にとっては、事業をはじめたばかりで経験や技術もない、または建材や職人は工事のたびに調整するので時間やお金もかかるといった業者はお呼びではないのです。

フランチャイズ契約はこれを一定程度解決できる方法として視野に入れるべき選択肢といえます。とくに未経験で事業を始めようとしている方にとって、事業をはじめたばかりで経験や技術もないことは避けて通れません。しかし、お客さんにとってはそんなことは関係ありません。お客さんに選ばれなければ淘汰されるだけのことです。フランチャイズは、加盟した方のスキルや経験によって現場を割り振ります。それによって多くの現場を抱え、回しているのです。それゆえ、はじめは小さい現場、経験充分な職人の手伝い、経験を積めば丸々一棟、さらに顧客が所有する物件すべてなどの受注となってきます。フランチャイズを活用すればこのようなステップを踏んで経験を積み、技術を蓄積できるのです。

また、本部が仕事を供給することもあるので、仕事を自分から取りに行く作業も軽減されます。中には、研修などのサポート体制が充実している会社もあるので、会社選びはじっくりとした方がよいでしょう。

独立支援を活用する手もあります。独立するには、ある程度の技術、経験が必要ですが「現場で働いていたから勝手は知っているし、技術も蓄積している」「顧客の目処がついている」などの場合ははじめから独立したり、フランチャイズ契約をしながら独立を検討したりすることもあるでしょう。それを支援してくれるのが独立支援で、フランチャイズ契約している会社が支援してくれる場合もあるうえ、職人の独立を専門にサポートしている会社もあります。「優秀な人材は自分のところで無理に囲うより、独立してもらって共に事業を発展させる優良なパートナーになってもらいたい」という職人独特の気質があるのがこの業界の特徴ともいえます。自分のビジネスプランや将来像を明確に意識し、必要なら利用するといった方法が賢い選択でしょう。

まとめ

原状回復工事業は誰が顧客になるのか、退去立会代行・原状回復工事の集客方法、独立支援やフランチャイズ加盟という選択肢も視野に入れるべき理由について解説しました。これらの事業は、多くのビジネスモデルが存在し、自分にあった形を選択してキャリアを積み重ねていくのが賢い運営といえます。上記を参考に自分の知識、経験、技術を見つめ直し、適切に選択するようにしましょう。

おすすめの退去立会い代行・原状回復フランチャイズ加盟先ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名リセッターズプロシードネットワークインテリアエージェントりの兵衛ジェー・ウォッシュチェーン
特徴27年の実績あり!手厚いサポートがあるから未経験者も挑戦しやすいのが魅力手厚いサポート体制が魅力!未経験者でも活躍しやすい環境を用意独自のマニュアルあり!開業後は本部から案件の紹介があるから安心スピーディーな対応ノウハウが顧客の信頼につながる!現場のサポートもあり20年以上の実績とノウハウあり!経験のあるスタッフが営業も親身にサポート
詳細リンク

おすすめ関連記事

記事一覧