女性の独立にはフランチャイズがおすすめ!メリットと注意点を解説

公開日:2024/01/15  最終更新日:2023/09/01

女性

近年、女性経営者が増加していることは皆さんご存知でしょう。女子に限らず経営するにあたって有用な手段になるのがフランチャイズ契約ですが、女性特有のメリットや問題点はあるのでしょうか。ここでは女性のフランチャイズ開業が増えている点、女性がフランチャイズ開業をするメリット、注意点について解説していきます。

女性のフランチャイズ開業が増えている

日本の女性社長の率は、2022年で8.2%と非常に低い値になっていますが、この数字はここ30年ほどで倍に増えているので、女性の社会進出が進んでいることが伺えます。

このデータにはいわゆる法人化されていない個人事業主などは含まれていないので一概には評価できませんが、女性が活躍できるフィールドはまだまだ国内外にあるといえます。

開業、独立にあたってフランチャイズ契約が非常に有用なものであるのは皆さんご存知でしょう。

フランチャイズは、本部へのロイヤリティーと引き換えに本部の技術、広告、経営、運営マニュアルなどを手に入れられることが魅力です。「開業資金が少ないので地場でコツコツ集客するのは厳しい」「競合他社が多く、広告力がないので自社が埋もれてしまう」「技術を習得してから完全な独立を考えている」などフランチャイズ契約を結ぶ理由はさまざまですが、非常に多くのメリットがあるものです。

このメリットを生かして女性もフランチャイズ開業で時間と収入をどちらも得ており、ある調査では実に92%の女性が「フランチャイズ開業してよかった」と回答しています。今後、この傾向はますます強くなるでしょう。

女性がフランチャイズ開業をするメリット

多様性が重視される現代社会において多くの働き方、生き方があるべきですが、日本はこの点に関して非常に遅れている国であるのは皆さんご存知でしょう。

具体的には男女の育休取得、フレックスな勤務体系、休日取得の導入、柔軟な昇進制度などは、ほかの先進国といわれる国と比較して遅れており、その改善に国も乗り出していますが、根本的な改善には程遠いのが現状です。

日本は「男は外、女は家」と言われるように男尊女卑的な旧来の家族観、社会通念が強く、社会がほとんどその弊害を改善しようと動いていないため、独立、企業での管理職への昇進など社会進出に多くのハードルがあるのです。これを手っ取り早く解決してくれるのがフランチャイズ開業という選択肢になります。

上記のようにフランチャイズ開業は、少ない元手で、本部が提供する効果的な技術習得、広告、物流などが利用できます。企業に属していれば必ず必要になるほかの社員とのスケジュール、作業調整、残業、会社都合の繁忙期、閑散期の人員調整とも無縁です。

つまり、自分で売り上げ、経費の管理などをする必要があるものの、自分のペースで時間とお金のバランスを取り、生活の質をあげられるのです。これは先述のような事情のある日本で働く女性にとっては大きなメリットといえます。

「子どもが大きくなるまではあまり働く時間は取れないが、お金が欲しい」「開いた時間で集中的、効率的にお金を稼ぎたい」「家庭の時間との両立を重視したい」など、女性の抱えるさまざまな事情をクリアし希望を叶えられるのがフランチャイズ開業なのです。

女性がフランチャイズ開業をするときの注意点

フランチャイズ開業にあたって、女性という理由での注意点はないですが、フランチャイズ開業については注意すべき点がいくつかあります。まず、フランチャイズ契約にはロイヤリティーが発生します。ロイヤリティーは本部に支払う手数料、登録料のようなものですが、開業するにあたってはロイヤリティーの支払いをしてもしっかりと儲かる見込みが必要になることはいうまでもないでしょう。

また、事業内容は本部のマニュアルどおりになるよう定められていることが多く、この権限を超える運営は認められていないのがほとんどです。方針に不満があるなら改善を要求するか、独立をすることになります。契約の更新料、中途解約の違約金、販売が予想を下回った場合の違約金などさまざまなお金が発生する可能性があることも覚えておきましょう。

本部はオーナーの売り上げで事業を継続して行きますが、看板を貸し出している以上、赤字店舗や人員をそのままにしておくことはありません。

売り上げが低迷したり、期待した技術が提供できなくなるなどの事情があるとさまざまな方法でそれを改善、回収しようとしますので、当然ですが契約前に何度も契約書は読み込んで契約するようにしましょう。

まとめ

女性のフランチャイズ開業が増えている点、女性がフランチャイズ開業をするメリット、注意点について解説してきました。日本では、現代まで男性中心の社会構造であったことから、女性の進出が進みませんでした。今後、女性の進出が進むことで、間違いなく新たな概念や働くフィールドが創出されるでしょう。上記を参考に女性のフランチャイズ開業について考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめの退去立会い代行・原状回復フランチャイズ加盟先ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名リセッターズプロシードネットワークインテリアエージェントりの兵衛ジェー・ウォッシュチェーン
特徴27年の実績あり!手厚いサポートがあるから未経験者も挑戦しやすいのが魅力手厚いサポート体制が魅力!未経験者でも活躍しやすい環境を用意独自のマニュアルあり!開業後は本部から案件の紹介があるから安心スピーディーな対応ノウハウが顧客の信頼につながる!現場のサポートもあり20年以上の実績とノウハウあり!経験のあるスタッフが営業も親身にサポート
詳細リンク

おすすめ関連記事

記事一覧